本文へ移動

これからの取組みについて(概要)

 来年で開園20年を迎えられますこと、皆様のお力添えの賜物と感謝申し上げます。この一方で、施設設備の老朽化により、施設の改修や設備の更新に迫られております。
 平成29年度の社会福祉法人制度の改正を契機として、各種の取組みを行い、単なる改修にとどまらず、ご利用者の生活の質の一層の向上を優先し、同時に職員の介護労働の質も高めつつ、その負担の軽減を図り、ご利用者も職員も笑顔で生活することを目指しております。
 私たちが、楽しく努力することで、ご利用者の笑顔に繋がると考え、取り組んでまいります。
 

 ただいま更新中です! 申し訳ありません <平成30年度で取り組む施策について>

   大規模改修について

 東京都の大規模改修補助事業に協議し、空調設備等の更新、外壁及び内装の補修を行うことを予定しております。
 
 この中でも、特に注力しているのが、空調設備の更新です。

   厨房設備の更新について

 第三に、厨房設備の更新です。より美味しく、心豊かな食生活になるよう、クックチルや真空調理法などによる調理ができる最新の設備の導入を検討しております。
 さらに、これらにより、調理業務を委託している企業と力を合わせ、ご利用者にとって大切な食事をよりよいものになりますよう、常に改善してまいります。

   風呂場の改修について

 第四に、風呂場の改修です。食事と並んでご利用者の大きな楽しみのお風呂ですが、写真のようなところにはなかなかいけませんので、少しでもよりくつろげて、気持ちのよいお風呂に改修することを検討しております。

   ご利用者の自立支援を目指して

 最後に、思いやりに溢れる自立支援の介護の実現です。様々な視点から、楽しく機能訓練できるよう、理学療法士を採用することをはじめ、機器も充実させ、ご利用者に寄り添う自立支援の介護を実現するための検討を進めております。

   リフトの導入

 平成30年度に取り組む施策として、次の項目があります。
 第一に、リフトの導入です。利用者様が気兼ねなくベッドから車椅子への移乗などを行えるよう、また職員の腰痛を予防できるよう、各居室にリフトを導入する検討を行っております。

<平成29年度の取組みについて>

   電動ベッドの更新

 平成30年3月までの取組みは、4つあります。
 第一に、電動ベッドの更新です。より快適で、安心してお休みになれるものとして、パラマウントベッド社製のものを92台更新しました(8台は平成28年度更新済み)。

   ナースコールの更新

 第二に、ナースコールの更新です。より使いやすく、職員への的確な情報発信を行えるよう、前述のベッドのセンサーとの連携や15床には先進的なセンサーを取り付けられるものに更新します。

   送迎車輌の更新について

 第三に、送迎車輌の更新です。より快適で、安全で、利便性の高いものとして、中央競馬馬主社会福祉財団様の助成金をいただき、短期入所の送迎等のため、最新の装備のハイエースに更新しました。
 
 
 このほか、開園から約20年を迎え、屋上の防水改修工事を行いました。
 
 
 
グーグルストリートビュー屋内版は
  ↑ こちらをクリック!!
所在地地図
社会福祉法人 茶屋の園
〒183-0011
  東京都府中市白糸台6-2-17
TEL.042-358-0221
FAX.042-335-7717
 
TOPへ戻る